プロ野球 歴代ベストナイン・最強チーム研究部

プロ野球の球団別歴代メンバー(OB・現役)でベストナイン・最強チームの考察を行っていきたいと思います

投手査定基準

このブログでは、プロ野球各球団の歴代の名選手(現役含む)を集めて
球団別最強のチームを結成させたりして様々な選手の能力を掲載しておりますが、
今回は投手の査定基準を紹介します。
本ブログでは港の星達様の査定基準を元にアレンジしました。

投手適正

適正 該当項目
先発◎ 再現年度先発20登板以上
先発〇 通算先発20登板以上
中継ぎ◎ 再現年度リリーフ(-完了)20登板以上
中継ぎ〇 通算リリーフ(-完了)20登板以上
抑え◎ 再現年度20完了以上
抑え〇 通算20完了以上

※複数球団所属の選手は同一球団のみ

完了:登板数のうち、リリーフして試合の最後まで投げた試合数。(日本プロ野球記録様より引用)

球速

2010年以前:データルーム様、港の星達様、選手査定ノート様、パワプロデフォ等参照
2011年以降:データで楽しむプロ野球様参照

スタミナ

投球回/登板数*11+(登板数-先発)*2

コントロール

100-(与四球/投球回*9)*100

変化球

まず防御率とリーグ平均防御率との差から、投手の総変化量を算出

リーグ平均防御率との差 先発総変化量 リリーフ総変化量
+0.5 6 5
0 7 6
-0.5 8 7
-1.0 9 8
-1.5 10 9
-2 11 10
-2.5 12 11
-3 13 12
-3.5   13

※球速160km以上は上記から-1、140km台は+1、139km以下は+2する。

上記で算出された総変化量から各変化球種に振り分ける。
ツーシーム・ムービングファスト・超スローボールは変化量1)

変化球の種類や変化量は港の星達様、選手査定ノート様、パワプロデフォ等参照

但し、奪三振率(奪三振*9/投球回)より大きい数値の変化量の変化球は設定しない。
2011年以降は変化球毎の空振率・見逃率から下の表のように計算。
データで楽しむプロ野球様参照)

空振率+見逃率 変化量
35% 7
30% 6
25% 5
20% 4
15% 3
10% 2
0~9% 1

※バランス調整時に変化量を下げた場合、キレ○(1段階)・驚異の切れ味(2段階)で調整

キャリアハイ(全盛期)算出方法

上記から球速+コントロール+スタミナ+球速+変化球の総変化量*10し、
最も高かった年をキャリアハイ(全盛期)としました。

特殊能力

ノビ

2010年までは奪三振率(奪三振*9/投球回)から下の表のようにつける。

先発奪三振 リリーフ奪三振 ノビ
11 13 怪童
10 12 A
8 10 B
7 9 C
6 8 D
4 6 E
2 4 F
  2 G

 

2011年以降はストレートの空振率・見逃率から下の表のようにつける。
データで楽しむプロ野球様参照)

空振率+見逃率 変化量
35% 怪童
30% A
25% B
20% C
15% D
10% E
0~9% F

※球速160km以上は上記から-1段階、140km台は+1段階、139km以下は+2段階する。

四球

与四球/投球回*9が4以上の選手

回復

登板数から下の表のようにつける。

先発登板数 リリーフ登板数 回復
10 20 F
15 30 E
25 40 D
35 50 C
45 60 B
55 70 A
65 80 ガソリンタンク

一発・軽い球・逃げ球・本塁打厳禁

本塁打率(被本塁打/投球回数*9)から下の表のようにつける。

本塁打 特殊能力
1.5以上 一発・軽い球
1.0以上 一発
0.2以下 逃げ球
0.1以下 本塁打厳禁

奪三振ドクターK

奪三振率(奪三振*9/投球回数)から下の表のようにつける。

先発奪三振 リリーフ奪三振 特殊能力
8 10 奪三振
10 12 ドクターK

威圧感(投手)

WHIP0.85以下のリリーフ投手。

打たれ強さ

LOB%((被安打+与四死球-失点)/(被安打+与四死球-1.4×被本塁打)から
下の表のようにつける。

LOB% 打たれ強さ
0.60 G
0.65 F
0.70 E
0.75 D
0.80 C
0.85 B
0.90 A
0.95 不屈の魂

勝ち運

5勝以上し、且つ勝率9割以上の投手。

負け運

5敗以上し、且つ勝率5割より少ない投手。

根性〇

完投20以上の投手。

ケガしにくさ

再現年度から3年以内の投球回が100未満(ケガによる欠場で)の先発投手、
もしくは登板が20未満のリリーフ投手で下の表に該当する選手。

該当項目 ケガしにくさ
3年連続以上 G
2年連続 F
1年 E

再現年度の投球回が200に到達した先発投手、
もしくは登板が50以上のリリーフ投手で下の表に該当する選手。

該当項目 ケガしにくさ
1年 C
3年連続 B
5年連続 A
10年連続 鉄人

〇〇キラー(投手)

特定の球団登板試合で防御率-1.00以下
且つ全勝利数orホールド数orセーブ数が1/5以上の投手。

調子

月別防御率差(10月以外)で考慮

該当項目 調子
5か月以上防御率2点台(リリーフは1点台) 安定
月別防御率差4以上 極端
全ての月・対戦チームで防御率2点台(リリーフは1点台) 鉄腕

対ピンチ・対左打者

チャンス:通常被打率と得点圏被打率の差で考慮。
対左投手:対右打者と対左打者の被打率差で考慮。

被打率差 対ピンチ・対左打者
+0.12 ノミの心臓
+0.09 G
+0.06 F
+0.03 E
  D
-0.03 C
-0.06 B
-0.09 A
-0.12 強心臓or左キラー

緩急〇

最高球速と最低球速の差が50km台の投手。

変幻自在

最高球速と最低球速の差が70km台の投手。

速球中心

球種配分でストレートの割合が6割以上の投手。

変化球中心

球種配分で変化球の割合が6割以上の投手。

人気者

オールスターファン投票選出された選手。(再現年度以外でも可)